« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

結婚パーティー

__

先日、篠栗のカフェ 喫茶 陶花さんにて行われました結婚パーティーにお招きいただきました。

そのパーティで使われたウェディングケーキを紹介します。

新郎は京都出身で新婦は篠栗町出身です。お互いの出身地を象徴する“ 五山送り火 ”と“ 涅槃像 ”がモチーフになってて、新郎新婦はもちろん、ご出席された方々からもカワイイ~とカワイイ~と歓声があがってました。

このケーキを作られたのは、篠栗町の菓子工房 菓楽さん。

たまに私も買いに行くのですが程良い甘さで、たくさん食べれますが、調子に乗って食べすぎてるとメタボ体型の私に家族から待った!がかかります。(苦笑)

それくらい美味しいケーキ屋さんです。

バースデーケーキなどにもアニメのキャラクターの絵を描いていただけ、お子様も大喜びです。

絵柄については、お店の方に色々と相談してみてください。

きっと素敵な贈り物ができると思います。


菓子工房 菓楽  電話 ( 092-948-3805 )

地図

大きな地図で見る

|

2012年2月13日 (月)

育ての親に少し恩返し

20120209kansyajyou

先日は、たまやが加盟してます篠栗町の土産品店の組合 篠栗町観光商店会の総会でした。

その席で昨年、同町の森林セラピーのプロモーション活動でテレビ・新聞等の様々なメディアに出演された森の案内人の品川さんが、観光商店会が販売する篠栗Tシャツを着用いただき観光事業に多大なる貢献していただいたとして、そのマネージメントをされた篠栗町役場 産業観光課の吉村さんとともに感謝状と更なる篠栗Tシャツのプロモーションしていただく為に森林セラピー限定カラーの篠栗Tシャツを贈りました。

いつも私は思ってることなのですが、生みの親の私以上に、このデザインを愛していただいてる方々がなんと多いことか!

と、この場で篠栗Tシャツの育ての親とも言うべき方達を紹介します。

まずは篠栗町町長の三浦様です。町主催の野外イベントの時は必ずと言っていいほど着用していただいております。

先の品川さんや吉村さんが関わる森林セラピーの案内人の方々

私も関わるササグリのワの代表の村山氏をはじめメンバーのみんな

あいあいササグリの外薗店長、ヘアーキング TOKIHISAさんなどなど、この場をかりて、あつく御礼申し上げます。

今年も、この篠栗Tシャツを使って何か面白いことができたらいいなぁ~なんて思ってます。

みな様こうご期待ください!!

篠栗Tシャツとトートバッグ( 税込 2100円 )は、たまやで販売しております是非お買い求めください!

余談ですが、先日NHKのラジオの公開放送が篠栗町でございました。

その時も出演者の殆どとアナウンサーの方々にも着ていただきPRしていただきました。

その時の写真がコチラです。

|

2012年2月 9日 (木)

スケッチを、かえてみました。

___3

たまやでは、新年より篠栗在住のグラッフィックデザイナー石川 敦さんが描かれた篠栗新四国八十八ヶ所霊場のスケッチ画展 『 同行二人 』を開催しております。

スケッチは90枚あるのですがスペースの都合上7点しか展示しておりません。

2月になりましたのでスケッチを新しいものに交換いたしました。

その中には上記のアトリエ・ブラヴォの天井画でおなじみの切幡寺さんも展示しております。

Hagaki

このスケッチ画展を記念して南蔵院の境内にあります 3ヶ所の札所をポストカードにして3枚 1組 500円にて販売しております。


是非お越しください。     たまや 店主

|

2012年2月 2日 (木)

冬の夜のジャズライブ 



寒い日が続いておりますが、いかがおすごしでしょうか?

本日は、寒い季節に少しでも暖かい気持ちになっていただこうと篠栗町のギャラリィー・カフェ ゆずりはさんが企画されましたジャズライブについてお知らせいたします。


冬の夜のジャズライブ 2012

山口 葵 スタンダードジャズを歌う

【 出演 】 山口 葵  ( Vo ) 塚本美樹  ( Piano )
      山村隆一  ( Bass )

【 日時 】 2012年 2月18日(土)

【 会場 】 ギャラリー・カフェゆずりは

【 料金 】 3000円 ワンドリンク付

【 住所 】 福岡県粕屋郡篠栗町若杉381-24

【 電話 】 092-947-5775

【 開場 】 18:30

【 開演 】 19:00

※ 近くに駐車場がございます。

※ 必ずご予約をお願いします。

山口 葵 web

ゆずりは web


ゆずりはmap

大きな地図で見る

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »